英語での電話応対はあせる・・・対応方法は?

仕事場で電話が掛かってきたから取ったら、まさかの外国人!

しかも、相手は英語しか話せない・・・

そういう場面に遭遇することが少なからずあるかと思います。

あせる

私は海外輸出を生業をしています。

だから、外国人からメールや電話が掛かってくることがあります。

ここで言っておきたいのが、私は英語を話すことができません。

明後日を、「next tomorrow」と言って、客に苦笑いされたくらいです。

それでも、トラブルは一切起きたことがありません。

英語で電話が掛かってきたら、初めはとても焦ると思います。

そこで、どのように対応したらいいのかをお伝えします。

スポンサードリンク

無理に英語で電話応対しなくてもいい

聞けない・話せないは誤解の元

相手が英語で話してきて、あなたが普通に英語を聞き取ることができて、話すことができれば、会話をすればいいです。

でも、中学校で習った英単語くらいしかわからないのであれば、しかも、聞き取りが苦手であれば、無理に会話をしてはいけません。

相手は用件を伝えたつもりでも、こちらは全然わかっていないのですから、確実にズレが生じます。

だから、素直に、「I can not speak English.」「I can not understand English.」と言うのが、お互いのためです。

実際に私もそのようにしています。

禁止

会話からメールに換える

これは英語でも日本語でも同じことが言えます。

理由はとても簡単で、「言葉は形に残らない」からです。

いわゆる、「言った言わない」が起きる可能性があります。

だから、英語が話せない、聞き取れないことを伝えたら、「Emailで送ってもらえませんか?」と伝えましょう。

メール

文字に残したら、お互いが間違いないやり取りをすることができます。

ちなみに、用件を英語で送ってもらえませんか?を英語にすると、

Could you send me an application by E – mail?(クッジュー センド ミー アン アプリケイション バイ イーメイル?)

です。

英語っぽく話さなくてもいいです。

むしろ、カタカナを読んでいるように伝えた方が、相手も「この人は英語が話せないんだな。」とあきらめてくれます。

まじめな人ほど英語で頑張ろうとしますが、絶対的な英語の能力が足りないと、その頑張りが仇となるかもしれません。

送られてきたメールの英語は翻訳サイトで日本語に変換することができます。

その方が的確な答えを返すことができます。

スポンサードリンク

私は相手が英語圏ではない外国人がメインです。

初めは言葉が全くわからないので、電話に出ませんでした(メールアドレスは公開しています)。

すると、「電話を掛けても出ない。」という苦情が寄せられてきました。

だから、100%日本語で電話に出ることにしています。

「もしもし?」から始まり、「お電話ありがとうございます。私は日本語しか話せないんですよ・・」と伝えることにしています。

すると、相手はあきらめて、電話を切った後、メールを送ってきます。

相手が電話をしてくる理由を考えると・・・

相手は用件に対する答えが欲しいのです。

電話で英語で会話をしたいのではありません。

回答ができれば、相手は満足します。

そのために、自分は何ができるか、何をすれば相手は納得してくれるか、それを考えたら、電話でなくてもいいのではありませんか?

英語で電話が掛かってきたら、間違いなくあせると思います。

だからこそ、会話ではなくメールでコミュニケーションをした方がお互いのためだと考えます。

なお、英語をどうしても話せるようになりたいと思うなら、こちらをご覧ください↓

道端ジェシカが推薦!願いが叶う引き寄せノートの書き方に裏技あり!

Q.このブログは現在何位でしょう?→答えはこちら

スポンサードリンク

この記事を読んだ方はコチラも読まれています

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする