ドラマ「せいせいするほど愛してる」の続編はこうなる!

ドラマ「せいせいするほど恋してる」が先日、フィナーレを迎えました。

滝沢秀明扮するティファニーの副社長三好 海里と女子社員の武井咲扮する栗原 未亜のラブストーリーを描いています。

ドラマが終了して、続編はどうなるのか?

とある筋からの情報を元に検証しています。

kako-ng7g46k0ve15jcyt

主題歌が松田聖子でこれがハマリ役でした!

youtubeで見つけたので、ご覧ください↓

まだ、最後まで見ていない方がおられるかもしれないので、エンディングについては書きませんが、これを観て、恋をしたいと思った人もいるかもしれません。

とはいえ、不倫ですから・・・倫理的にはオススメできません^^;

そんな、ドラマ「せいせいするほど恋してる」の続編はあるでしょうか?

あるとすれば、どのようなストーリーになるのでしょうか?

まずは、原作からご説明させていただきます。

スポンサードリンク

せいせいするほど恋してるの原作とココが違う!

『せいせいするほど、愛してる』は、北川みゆき原作の漫画です。

北川みゆきさんの作品は、他にも魔女は二度喘ぐ、僕だけのバタフライ、真夏のエデン、嘘、ときどき微熱、みだらな熱帯魚、などがあります。

タイトルだけ見ると、少しエロスを感じさせますね^^;

男性向けの漫画とは違い、美男美女を意識して描かれています。

『せいせいするほど愛してる』はプチコミックにて、2006年から2008年まで連載されていました。単行本は全7巻。

読破された方もたくさんおられると思います。

私は原作は読んでいませんが、ドラマは見ました。

副社長という立場で女子社員と、しかも不倫したらダメでしょ。。。というのが本音です。

でも、せいせいするほど人を好きになることは、本当に素晴らしいと思いました。

結婚してるかや、好きな人に恋人がいるかは別として、その人を純粋に好きになることはあってもおかしくないです。

会えなくて寂しかったり、今、奥さんと仲良くしているのではと思っては苦しい思いをしたり、それはどんな恋愛でもあります。

それがたまたま相手に奥さんがいて、会社の中では副社長と一社員ということだけで、結局は一人の男と女です。

男と女が出会うなら、何が起きてもおかしくないですね。

原作と違う箇所は社名です。

ドラマではあのジュエリーブランドのティファニーが舞台でしたが、原作ではロワール化粧品という会社でした。

以前放送していた「重版出来」でも、主人公の出身大学が日本体育大学と実在する大学名を使っていました。

おそらくですが、視聴者層を想定して、そこに合致する企業とタイアップして番組を作る方向になっているのでしょう。

『せいせいするほど愛してる』はターゲットが20~30代女性と思われます。

そこにより響くブランドとしてティファニーと組んだのでしょう。

視聴者側もよりドラマのリアリティが沸きますし、番組制作側もタイアップ料を貰えるので、誰もが得する構図になっていますね!

とはいえ、不倫のドラマの舞台がティファニーですから、イメージダウンにつながったと思うのは私だけでしょうか・・・

スポンサードリンク

続編はどうなる?

ここからはネタバレなので、最後まで見ていない方はご覧にならない方がいいかもしれません・・・

最後は海里の奥さんが身を引いて、未亜と結婚することになり、ハッピーエンディングになりました。

この状況から、どのように続編が続くのか、とある業界通はこのように言っています。

「最後は二人が結ばれるという結末だったから、ここから何かドラマが起きるのであれば、再度不倫となってしまう。

だから、この二人をメインとして扱うのは難しいのではないかな。

ドラマから勝手なイメージが付いてしまうこともあるから、滝沢秀明も武井咲もOKが出ないと思う。

それでも、この二人にこだわるのであれば、好きな人ができてお互いに離れてしまうけど、最後はまた元に戻ることになりそう。

それがダメなら、他の人を使って、同じような設定で、ストーリーを少しだけ変えて放送するかもしれない。

当然、一回限りの放送で「二人のその後」みたいな形で続編が出ることは考えられる。

でも、今のところ、続編に関しては何も案が出ていないのだろうな・・・」

とのことです。

半沢直樹のように、含みを持たせる終わり方であれば、続編も当然あります。

でも、今回は完全に終わった感がありますので、続けるのは強引かなと思います。

二人がお互い他の人を好きになって、でも最後は「本当の愛がわかった」みたいなテイストで、元に戻るのも勝手な気もしますが・・・

続編を希望されている方もたくさんおられます。

二人のその後という感じで続けてもらえると、視聴者も受け入れてくれそうな気がします。。

あなたなら、どのような続編を期待していますか?

スポンサードリンク

この記事を読んだ方はコチラも読まれています