【ためしてガッテン】ダイエットであなたの肝臓がやばいかも

スポンサードリンク

あなたの肝臓が悲鳴を上げているかも・・・

10月12日、ためしてガッテンでダイエットが取り上げられています。

その中で、やり方を間違うと肝臓に大きな負担を掛ける事になるという、とても怖いことが言われています。

ダイエットは正しくしなければ、体に悪影響を及ぼします。

最悪、命に関わる重大な症状を引き起こします。

今はインターネットでダイエットに関する情報が簡単に手に入ります。

でも、その情報が誤っていたり、不完全であったり、特定の人にしか合わなかったりすることもあります。

何が正しくて、何が間違えているのか、肝臓疾患になる前に正しいダイエット方法を知っていただければと思います。

なぜ、ダイエットが肝臓を悪くする?

肝臓はここにあります。

anatomy-254129_640

肝臓の主な働きは3つあります。

・エネルギーの貯蔵

摂取した栄養素の中で、炭水化物、脂質、たんぱく質にはカロリーが含まれています。

そのカロリーがエネルギーとなり、人間は動くことができるのです。

食べ物をそのまま体内に置いていても、エネルギーとして使うことができません。

肝臓は食べ物をエネルギーとして使えるように換えて、一部を貯蔵しています。

もし、エネルギーを貯蔵することができなければ、空腹になった瞬間、あなたは一歩も動けなくなります。

そうならないために、食物から摂ったエネルギーの一部を肝臓と筋肉に貯蔵しています。

・解毒作用

体の毒になるものは口にしていない、そう思われるかもしれませんが、日常的に毒となるものを摂っています。

代表格はアルコールです。

アルコールは最後には酢酸(酢)になり、さらに水と二酸化炭素になります。

その過程でアセトアルデヒドという物質に変わります。

これが毒なのです。

飲みすぎて気持ちが悪い、吐き気がするのはアセトアルデヒドが体内に充満しているからです。

このままでは大変なので、アセトアルデヒドを酸化させて、酢酸に変えています。

これが肝臓の役割です。

意外なのが、薬も毒になり得るということです。

「薬は全部毒」と言い切るお医者さんもいるくらいです。

薬の解毒も肝臓が行っています。

体内に流れる約25%の血液は肝臓に流れ込んできます。

それほどまでに酸素やエネルギーを必要としています。

毎日休みなく働いているといっても過言ではない臓器です。

当然、負担もかなり大きいです。

にもかかわらず、適切な栄養量を摂らない、有害物質ばかりを摂るなどが続くのであれば、肝臓に負担を掛けてしまっています。

スポンサードリンク

ダイエットの何が肝臓に悪い?

・絶食

ダイエットだからと、食事を著しく減らす方がおられます。

一見すると、理にかなっているようにも思えます。

入ってくるエネルギーが少なくて、使うエネルギーが多ければ、結果的に痩せる・・・

とはいきません。

ダイエットをする方はたんぱく質を減らす傾向にあります。

たんぱく質は脂肪と一緒にエネルギーとして全身に回ります。

たんぱく質がなければ、脂肪だけが蓄積され、脂肪肝になってしまうことがあります。

また、たんぱく質を摂らなければ、筋肉を作ることができず、リバウンドの大きな原因にもなります。

・偏食

サラダしか食べないという極端なダイエットをする人もいます。

この場合、体内のエネルギーが枯渇するのを防ぐため、肝臓の一部をエネルギーに換えることになります。

これは肝臓にとって大きな負担になります。

同様に、絶食する方もいますが、同じくエネルギー源が肝臓であったり、筋肉であったりします。

炭水化物ダイエットが一時期流行りましたが、私はとても懐疑的です。

「食べ過ぎたら太る」

これは何にでも当てはまることです。

でも、適度に食べることは何の問題もありません。

炭水化物はエネルギーとして一番最初に使われる栄養素です。

人が生きるために必要なのです。

それを過度に減らすことは、どうしても疑問が残ります。

・便秘

便は体の老廃物や有害物質で構成されています。

だから、排便すると、体の中がキレイになります。

一方、便秘になると、体に毒素が溜まっている状態になります。

肝臓は有害物質を無害化する役割もあります。

でも、肝臓は働き過ぎと思うほどフル稼動しています。

あなたが手いっぱいの仕事を今抱えていて、毎日残業して、休みの日も出てきて片付けているのに、さらに上司から仕事を与えられたら・・・

そんな状態に肝臓がなってしまうのです。

どうやって肝臓に負担を掛けずにダイエットができる?

・1日3食バランスよく

これはすべてにおいて重要です。

炭水化物、たんぱく質、脂質、ミネラル、ビタミンの五大栄養素をバランスよく摂りましょう。

毎日バランスよく摂る必要はありません。

1週間を通して、目安の量を摂ることができればいいのです。

目安量は年齢・性別・仕事内容など、あらゆる項目によって算出されます。

例えば、肉体労働者と一日中デスクワークの人では炭水化物の目安の摂取量が変わります。

当然、肉体労働者の方が多く摂る必要があります。

あなたに適した食事量を摂っていただきたいと思います。

・適度な運動

ジムに通ったり、ヨガを習う必要はありません。

“歩く量を増やすだけ”で痩せることができます。

歩幅を大きくとか、腕を大きく振るとかも意識しなくていいです。

二つだけ守れば、確実に痩せることができます。

・20分以上連続して歩く

・誰かと話しながらでも息が切れないギリギリのスピードで歩く

この二点だけを意識してみてください。

必ず結果が現れますから。

また、体をねじる運動も効果的です。

体をねじる事で腸に刺激が加わります。

その結果、便秘が治ることもあります。

体をねじることは日常でほとんど行われません。

その結果、使われない筋肉がやせ細ったり、コリにつながってしまい、代謝が落ちて、痩せにくくなります。

体には60兆個の細胞がありますが、どれ一つとて独立して動いていません。

必ず、何かと連動し合っています。

一つが悪くなると、他も悪くなります。

普段から、使わない筋肉がないように全身をくまなく動かしてください!

ダイエットと健康のために今すぐはじめて下さい

ダイエットも大事ですが、健康があってこその細い体です。

美しさは健康が土台にあります。

肝臓を悪くしてまで行うダイエットなんて間違っています。

あなたのからだがキレイに美しく、カッコよくやせるために、今日から心がけてくださいね!

スポンサードリンク

この記事を読んだ方はコチラも読まれています