朴槿恵(パククネ)韓国大統領、弾劾案発議秒読み

【今日の韓国 ニュース】

私は韓国に輸出をしていますので、韓国のニュースや話題に触れることが多いのです。

韓国は良くも悪くも日本と違い、その差が面白く感じる時もあります。

そこで、韓国のニュースをお伝えして、隣りの国がどうなっているのか、理解を深めていただけたらと思います。

今日の韓国ニュースは「朴槿恵(パククネ)韓国大統領、弾劾案発議秒読み」です。

来月初旬ににも弾劾案が日本でいう国会に発議されます。

その結果、

朴槿恵大統領がクビになる可能性も出てきました。

野党はこれ以上、朴槿恵大統領を韓国のトップとしておくわけにはいかないと思い、弾劾案を示唆。

民主党・国民の党・正義党と今月末に共同発議する予定。

その結果、来月2日、遅くとも9日に開かれる本会議で採決に持ち込もうとしています。

スポンサードリンク

朴槿恵大統領をクビにする弾劾案が可決される条件は?

弾劾案が通過するには、在籍議員の3分の2、すなわち200人以上が賛成しなければなりません。

野党議員は172人。

仮に、野党議員が全員弾劾案に賛成票を入れても、現在の韓国の与党であるセヌリ党から28人が賛成票を獲得する必要があります。

日本の政治を考えると難しいと思いますが、韓国は事情が違うようです。

スポンサードリンク



セヌリ党の金前代表をはじめとする与党議員は、弾劾案に賛成の意向を示しており、弾劾に賛成票を投じる議員から「確約署名」を集めている本気度です。

金前代表の側近であるキム・ソンテ議員はこの日、 KBSラジオに出演して「弾劾に賛成している議員は、今日までで40人くらいいるのではないか」と話しています。

仮に野党議員で反対票を入れなくても、弾劾案を通過させるには40~50人の与党の賛成票を獲得できれば安全圏と考えられています。

このままいけば、朴槿恵政権は終焉を迎えることになりそうですが・・・

弾劾案の可決の投票は無記名で行われます。

誰がどちらに入れたのかわかりません。

確約署名をしたからと言って、確実に賛成票を投じてくれるのかはわかりません。

ただ、与党の大物議員がすでに弾劾案に賛成を表明しているので、大勢に影響はないと思います。

朴槿恵大統領の支持率は現在たった5%。一方、不支持は89%にも上ります。

若年層では支持率0%と完全崩壊。

セオル号沈没事故での対応の遅さ、今回の崔順実(チェ・スンシル)容疑者との蜜月な関係など、朴槿恵大統領の政治的能力は疑わざるを得ません。

現在、韓国では毎週のように、朴槿恵大統領の辞任を求めるデモが行われています。

「韓国では希望が持てない」と、日本に来て働く若い世代もたくさんいます。

政治家として最後の大仕事、それは潔く早期辞任、それしかないのではと思います。。

Q.このブログは現在何位でしょう?→答えは人気ブログランキングへ

スポンサードリンク

この記事を読んだ方はコチラも読まれています

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする