ためしてガッテンで腰痛改善を特集。腰痛は簡単に治せる!

11月2日のためしてガッテンで腰痛改善について取り上げられます。

腰痛持ちの日本人は1000万人ほど。

つまり、約10人に1人の割合で腰痛患者がいるのです。

かなりの人口ですね・・・

腰痛は年を取ったからなるわけではなく、若くして発症するケースもあります。

腰痛がなぜ起きるのか、そのメカニズムご説明いたします。

その後に、腰痛の治し方もお伝えします。

私はプロパーソナルトレーナーの資格を持っているので、これは得意分野ですから。

スポンサードリンク

腰痛はなぜなるのか?

人が二足歩行をした時点で、腰痛はなるべくしてなっていると考えていただきたいのです。

人の体を横から見ると、このようになっています。

93fb2172bcc11fc85c5ede660868335d-1

背骨の並びが軽くSの字のようになっているのがわかります。

人間の骨格で、このS字になっているから、衝撃を和らげることができているのです。

その衝撃を吸収するのが、Sの字で曲がっている箇所です。

人体でいうと、背中と腰なのです。

人は一歩歩くたびに、2倍の重力が掛かっています。

地面に、自分の2倍の体重が一瞬掛かるのです。

それだけならいいのですが、ニュートン力学第三の法則、作用反作用によって、その2倍の重力は体に返ってきます。

その時、体に掛かる衝撃を腰と背中で吸収しているのですが、当然腰に負担が掛かります。

力が掛かってしまう、これが腰痛の原因なのです。

スポンサードリンク

何が腰痛の原因なのか?

腰痛の原因は様々です。

体を支える体幹部の筋力が少ない、前後左右で筋肉量が異なるため、強い方に骨が引っ張られている、などフィジカルなことから、無意識のクセも腰痛に関係してきます。

例えば、片足に体重を掛けて立つ、

snapcrab_noname_2016-11-1_20-41-7_no-00

足を組んで座る

snapcrab_noname_2016-11-1_20-42-1_no-00

これらはすべて骨格が歪む原因です。

これらは無意識でなされることが多いです。

しかも、決まった足に体重を乗せる、決まった足が上(もしくは、頻度の片側が多い)という傾向が見られます。

さらに言うと、自分の利き足があるだけで、腰痛の原因になります。

片側の足の筋肉が強くなるので、結果的に骨盤がそちらに引っ張られてしまいます。

腰痛を100%予防することは、至難の業だと思います。

どうやって腰痛を治すのか?

方法は色々ありますが、一番簡単なメソッドをご紹介いたします。

まず、立った状態で、前にならえをします。

206420950_624

この状態から、おへそを中心にして、ゆっくりと、上半身を左に回して、下半身を右に回します。

おへそから体が捻じれているようになります。

上半身も下半身も行ける所まで回したら、そこで7秒キープします。

できたら、一度、ニュートラルな体勢に戻して、逆も行います。

これだけです。

これを10往復*3セットを毎日続けてください。

これを、日ごろ全く運動しない主婦に試してもらったら、一ヶ月で腰痛が治ったという嬉しい報告をいただきました。

注意点は頭のてっぺんから地面に軸を作るようなイメージで体をねじることです。

特に下半身がねじるのではなく、片足で立っているような状態になることがあります。

最初は姿鏡を見て、正しくできているかを確認していただきたいと思います。

ちなみに、このエクササイズは腰のくびれを作ることにも大変効果的です。

腰痛は人類永遠の敵です。

今すぐ試して、改善してくださいね!

スポンサードリンク

この記事を読んだ方はコチラも読まれています