財布やカギをなくす対策は簡単!100%防ぐ驚異のテクとは?

スポンサードリンク

財布・カギをなくしたらショック大きい

財布やカギをなくしてしまったら大変なことになります。

カギをなくしたら、取り替えなければなりません。

財布をなくしたら、貴重なあなたの現金がなくなってしまうだけでなく、クレジットカードや免許証も入れていたら、カードを止めて再発行していただく必要があります。

運転免許証は再発行してもらうため、交付センターに行かなければなりません。

さらに、住所、名前、顔写真がわかるので、プライバシーが侵害される危険もあります。

金銭的にも精神的にも損害は計り知れません。

どれだけ気をつけていたとしても、落し物をすることはあります。

でも、ご安心ください。

現在の科学をもってすれば、財布やカギなどの忘れ物や落し物を防ぐことができます。

この方法、元はスタンフォード大学の学生が原案を考えたとか。

天才クラスの人でも忘れ物をするのかと思うと、なんだかホッとするのは私だけでしょうか^^;

これがその方法です!

MAMORIO

それはMAMORIOというサービスです。

重さわずか3g。

使い方は簡単。

専用の小さなICチップを入れた財布やカギに入れておくだけです。

このチップを入れた財布と一定の距離が離れると、スマホがアラートで教えてくれます。

価格は3,780円くらいです。

スポンサードリンク

Wistiki

Wistikiはフランスの企業が開発した製品です。

https://www.wistiki.jp/

このWistikiは、ほぼリアルタイムで位置確認ができます。

また、スマホからWistiki端末を呼び出してアラーム音を鳴らしたり、その逆でWistiki端末からスマホをアラームで呼び出したりすることができます。

価格は6000円くらいです。

無くし物をなくすため、今すぐに準備を!

落し物や無くし物はやってしまうと、見つけることは至難の技。

家の中でなくしたらまだ探せますが、外でなくしてしまったら、強運でない限り、あきらめなければなりません。

警察に届出をしても、誰かが拾って交番に届けてくれたら返ってくるだけで、中身を抜かれて他は捨てられることもあります。

落し物は交番に届けるか、そのままにしておかなければなりません。

もし、財布を拾って、お金を抜き取ったら、刑法上の犯罪になります(遺失物等横領罪)。

法的には処罰されても、あなたの財布やカギが戻ってくるかは別の話です。

落としてからでは遅いです。

念のために、大事なものには今から紹介したモノを用意しておきましょう。

スマホの使い方はこんなのもあります↓

パチンコをやめたい人へ。アプリを使う、アレを変える、で叶えます

スポンサードリンク

この記事を読んだ方はコチラも読まれています

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする