お酒飲んだら二日酔いが治るは大ウソ!あなたの肝臓がギャーっと悲鳴を上げます

お酒を飲んだ次の日の二日酔い。
吐き気はするし、胃は荒れまくっているし、とにかくしんどいですよね・・・
二日酔いの日は一日家でゴロゴロしていたい、これが本音ではないでしょうか?
ところで、お酒飲んだら二日酔いが治る、この言葉を聞いたことがあるかもしれません。
たしかに、二日酔いの時にアルコールを摂ったら、二日酔いがまぎれることもあります。
そこで、今回はお酒を飲んだら二日酔いが治るのかを考えていきます。

スポンサードリンク

二日酔いにお酒は良いのか?

結論から言うと、二日酔いにお酒は絶対NGです。
そもそも考えたらわかることですが、お酒を飲んで二日酔いになっているのに、そこに更にアルコールを飲んだら、良いはずがありません。
では、なぜ人は二日酔いになるのでしょう?

二日酔いのメカニズム

アルコールは分解される過程で、アセトアルデヒドという物質になります。
それが更に分解されて、水と二酸化炭素になり、尿や呼気で排出されます。
で、このアセトアルデヒド、高校の化学で習ったのですが、人体にとっては毒なのです。
毒素が滞留しているから、吐き気や頭痛が起きてしまっているのです。

アルコール分解はどうやって起きている?

アルコールは肝臓で分解されます。
肝臓は体内に入ってくる毒素を無害化する働きがあります。
そこで、アルコールを大量に摂取すると、肝臓がフル活動することになり、疲れてしまいます。
それを度を超すと、肝臓が働かなくなり、肝機能障害などの重大な影響を及ぼすことにつながるのです。

二日酔いでお酒を飲むとなぜ治るのか?

これは治った気になるだけで、体にはアセトアルデヒドが溜まり、肝臓が悲鳴を上げている、非常に危険な状態です。
アルコールは脳の働きを麻痺させます。
飲酒すると気が大きくなったり、判断能力が低下するのは、すべて脳が正常に働いていないから。
飲酒運転なんて、凶器を振り回すようなものですから絶対にやってはいけません。

二日酔いの時はどうすれば良いか?

まずは水を大量に飲むことです。
アルコールを飲むと、体内の水分が奪われます。
軽い脱水症状になっていることが多いので、水を飲んで、足りない水分を取り入れてください。
更に、胃に優しい食べ物を摂ることも必要です。
アルコールを分解する過程で、体内のカロリーが過剰に消費されることもあるので、軽い飢餓状態になっていることもあります。
肝臓が働くのもエネルギーが必要です。
身体に良いものを食べるようにしてください。

お酒は上手に付き合う

お酒を飲む機会が多い人や、一回でたくさん飲んでしまうことがある人がいます。
付き合いやストレス発散にはアルコールは必需品。
絶対に飲まないようにとは思いません(もちろん、未成年はお酒を飲んではいけません)。
大人ですから、上手にお酒を取り入れていきたいですね!

スポンサードリンク

この記事を読んだ方はコチラも読まれています

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする