ラグビー日本VSアルゼンチン代表。格上相手にどうなるか?

11月5日、秩父宮ラグビー競技場で日本代表対アルゼンチン代表が行われています。

今、後半10分ですが、6対35でアルゼンチンが大幅にリードしています。

昨年、スポーツ史上最大の番狂わせを演じた日本代表。

ワールドカップで優勝経験のある、南アフリカ代表に勝つという、歴史的快挙を成し遂げました。

今回は南アフリカよりかは格下ながら、日本よりも格上のアルゼンチン代表。

毎回、ワールドカップで決勝トーナメントまで残る強豪国です。

最高はベスト4。

日本がどれだけ世界レベル相手にやれるのかが楽しみです。

スポンサードリンク

ワールドカップとは監督が違う

2015年ワールドカップの時の監督はエディ・ジョーンズ。

当時はサントリーの監督をしていましたが、その時のサントリーがすさまじかったです・・・

2年間で1回負けたかどうかという、リーグ戦では圧倒的な強さを誇っていました。

その手腕を買われて日本代表監督に就任。

ワールドカップ終了後に退任。

今はジェイミー・ジョセフ氏。

元オールブラックス(ニュージーランド代表)の肩書きをもつ、ラグビー選手としては世界トップレベル。

オールブラックスといえば、ハカが有名です↓

見ていて、鳥肌が立つくらいカッコいいです・・・

今回のチャレンジマッチまで日本代表での練習時間が少なく、逆にアルゼンチン代表は1年間同じメンバーで戦っています。

連携プレーの質はアルゼンチンが明らかに上です。

このディスアドバンテージをどのように埋めるのかが見ものです。

スポンサードリンク

注目選手

五郎丸が肩を脱臼して、手術をしたため、フルバックには田村が入っています。

この田村は確実に今後の日本代表を背負っていく逸材です。

武器は何と言っても、キックの正確さ。

前回のスコットランド戦では13回蹴って、はずしたのが1回だけ。

フルバックはフィフティーンの最後尾にいるので、ゲーム全体を見る力が必要です。

そこを世界レベルで学ぶことができれば、日本としては大きな強みになります。

次にウイングの山田章仁。

大学時代から有名でした。

武器は圧倒的な走力。

ディフェンスを一瞬で置き去りにするスピードは、ポスト大畑大介筆頭ではないでしょうか。

同じくウイングの松島幸太朗も抜群の走力を見せいています。

普通の日本人にはないバネがあります。

同年代に藤田慶和という世代No.1がいますが、ジャパンでは松下が圧倒的に使われています。

現在、後半26分で、47対13と大きく負け越しています。

世界との差はだいぶ埋まったと思いますが、世界の強豪国と渡り合い、強豪と呼ばれるにはまだ時間が掛かりそうです。

満開の桜が咲き誇る時がくることを、一人のラグビーファンとして、心待ちにしています。

スポンサードリンク

この記事を読んだ方はコチラも読まれています