売り言葉に買い言葉の対処法。大人な対応なんてしなくていいです!

売り言葉に買い言葉。

お互いがヒートアップしたら、どうしても思っている以上の言葉の応酬が起きてしまいます。

最初の火種は小さなものでも、着火点に点いてしまったら、もう止まりませんよね。

twitterでも同様のつぶやきがなされており、

と、悩んでおられる方もいます。

「放っておけばいい。」

当事者ではない人はそう言います。

でも、言われた当事者からしたら、とてもではないですが、放っておけません(放っておくことができたら、そもそも売り言葉に買い言葉なんてなりません)。

売り言葉に買い言葉になったら、どう対処したらいいのでしょう?

それを考えてみました。

スポンサードリンク

売り言葉に買い言葉になった時の対処法

売り言葉に買い言葉になっていいと割り切る

人は、「放っておけ」と言います。

でも、言われたら腹が立ちますし、放っておいても、相手が言葉を止めるかはわかりません。

黙っているし、何も言い返してこないから、しめしめと思い、もっと言ってくるかもしれません。

だから、売り言葉に買い言葉になってもいい、と割り切って、言い返すのも良いと思っています。

言われたらものすごいストレスが溜まります。

そのストレスは第三者は何も感じませんし、解消してくれることもありません。

あなたが言われてため込んだストレスは、あなたしか対処できないのです。

であれば、周りがどう言おうと、言い返す、ヒートアップしてもいい、それくらいの割り切りがあっても良いと思っています。

黙って言われ続けたら、うつ病になる

何も言わず、ずっと言われっぱなし、これを毎日繰り返したら、間違いなく、うつ病になります。

私はこのような状況になり、うつ病になりました。

この時にすごく思ったのが、「ストレスは溜めない。言われたら言い返す。」ということです。

これで、新しい職場で、一方的に言われたことがありましたが、一発言い返したら、以後一気にトーンダウンしました。

言い返すことは、あなたの精神衛生上、大事なことなのです。

ヒートアップしたら、周りが止めるまでとことんやり合う

決して、大人な対応とは思いませんが・・・

そもそも、なぜあなたがサンドバックのように、相手の罵詈雑言を黙って聞いておく必要があるのでしょう?

かなり理不尽な話ですよね。

言ってきたからには、相手にもそれ相応の覚悟をしてもらう、そう思って、周りが止めに入るまで、言ってもいいと思います。

その場から一方的に去る

とはいえ、売り言葉に買い言葉という状況は好ましくないと思うかもしれません。

そんな場合は、相手が何か言ってきたら、無視して、その場を立ち去るのです。

相手は、あなたに文句を言いたくて仕方がない、そのあなたがどっか行ったら、相手のストレスが溜まりますよね。

そんな人、勝手にストレス溜めたらいいのです。

無視して、その場を黙って(もしくは一発言い返しながら)、早々にその場を去りましょう。

宥めようとか、何とかわかってもらおうとは思わなくていいのです。

売り言葉に買い言葉をしてしまった自分を許し、受け入れる

人は感情の生き物。

感情があるから人間なのです。

そして、完璧な人などいません。

だから、瞬間的にイラっとして、言い返して、口喧嘩になってしまったとしても、自分を許し、人間だから仕方ないと受け入れてあげてください。

その方が無理に大人の対応をするよりも、よっぽど効果的です。

大事な人が相手なら、時間をおいて謝る

家族、恋人、大事な友達など、大切にしたい人と言い合いになってしまったら、落ち着いた後で、謝りましょう。

ギスギスしたままでは嫌ですし、別れる、縁が切れることにもなりかねません。

必ず、終われば謝って、関係を修復しておいてください。

スポンサードリンク

この記事を読んだ方はコチラも読まれています

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする