うつ病チェック診断テストは無料でできます。やらないと大変なことに

厚生労働省の調査によると、平成20年時点でうつ病患者は全国に101万人もいます。

私も平成24年にうつ病になり、現在も薬を飲み続けています。

うつ病は本当に苦しい病気です。

だからこそ、うつ病で苦しむ人を減らしたいと思うのです。

ご自身でちょっとおかしいと思うことがあるならば、無料のうつ病チェック診断テストがあるので、今すぐ試してみてください。

スポンサードリンク

無料のうつ病チェック診断テスト

これらのサイトは無料でうつ病の診断テストができます。

http://utsucheck.cocooru.com/

http://atmentalhealth.jp/utsu/

http://utsu.ne.jp/self_check/

セルフチェックができます。

ここでの診断結果を鵜呑みにする必要はありませんが、良くない結果なら見過ごすわけにはいきません。

今すぐ、心療内科に行って、診断してもらってください。

これがうつ病の前兆(経験談)

今だから思う、うつ病の前兆を経験談からお話したいと思います。

医学的根拠はありませんが、確かに自覚症状がありました。

これらの症状が出てから、一気に精神が崩壊していくのを感じましたから。

うつ病のチェック診断テストの結果にかかわらず、ご覧いただけると幸いです。

まず、心の中で小さなSOSが発せられました。

これが何なのか、その時は全然わかりませんでした。

ちょうど、職場で異動して間もない頃だったので、仕事が慣れたら大丈夫だろうと気軽に考えていました。

でも、何かおかしいぞと感じるものはありました。

次に感じたのが、無気力感です。

当時、器械体操がとても好きで、毎週末は片道2時間掛けて練習に行ってました。

すごく楽しくて、練習が楽しみで仕方ありませんでした。

でも、突然、器械体操の練習をまったくしたいと思わなくなりました。

「なぜこんなにやる気がでないのだろう?」と自分でも不思議でなりませんでした。

その後、小さなSOSがドンドン大きくなっていくのを感じました。

このままではヤバいとすごく思ったのを覚えています。

当時の仕事はとても激務で、休みもなく、終電近くまで残り、上司に罵倒される毎日。

それでも、なぜか疲れはまったく感じませんでした。

でも、それが自分の感情や精神がおかしくなっているからだ、悪いサインだとすぐにわかりました。

そこから、一気に精神が崩れていくのをリアルに感じました。

「自分はなんてバカなんだ」「自分は何で仕事ができないんだ。」

そんなことばかりを思うようになっていたのです。

そこからは、「目の前のカッターで自分を切りたい」「電車に飛び込んだら楽になるのかな」「カッターシャツで首を吊れるかな」などしか考えられなくなりました。

精神が崩れると、とことんまで崩壊すると自分でわかります。

そうなる前に、うつ病のチェック診断テストがどうであれ、あなた自身で手を打つ必要があります。

スポンサードリンク

ヤバいと思ったら、こうしてください!

おそらく、原因はあなた自身でよくわかっていると思います。

そこからすぐにすべてを捨てて、全力で逃げてください。

私の場合は仕事です。

当時、恐ろしいほどの業務量と上司からの罵声がありました。

当然、休むなんて全く考えることができませんでした。

でも、私は他の人に迷惑が掛かることを承知で休む覚悟をしました。

この判断を下せたから、今生きていられます。

あなたが仕事が原因なら、今すぐ仕事を休んでください。

人間関係なら、その人たちとの縁を切ってください。

逃げるのです。

原因となる要素がない、今とは違う環境にするのです。

休んだら、会社をクビになるとしても、休んでください。

我慢してはいけません。

私はうつ病になっても、かろうじて生きることができました。

でも、大学の後輩、友達の同僚はみずから命を絶ちました・・・

そうなってしまうと、何もかもが終わってしまいます。

仕事がなくなったら生活保護を受けたら、生きていくことができます。

人に迷惑を掛けたと思うなら、治ったらその人に倍にして返してあげてください。

あなたの命より大事なものはありません。

チェック診断テストも大事ですが、あなたの感覚がうつ病の早期発見につながります。

逃げる勇気、とても大事だと私は思います。

スポンサードリンク

この記事を読んだ方はコチラも読まれています

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする