二日酔い予防は飲む前から勝負あり!?飲み会に備える3つのメソッド

今日は楽しい同僚との飲み会。

仕事の愚痴も出るけど、気の合う仲間と大盛り上がり。

またみんなで集まろうと約束してお開きになり、そのまま帰宅後就寝。

次の日起きたら、二日酔いで一日何もする気が起きない・・・

仕事に来て、パソコンに向かっているけど、吐き気と頭痛で心ここにあらず。。

そんな時ってありませんか?

飲みに行くのは日頃のストレス発散になるので、ぜひとも行ってきてください!

でも、次の日の二日酔いはご免ですよね。

実は二日酔いになるかは、お酒を飲む前に準備をしていると防ぎやすいということをご存知ですか?

今回はその方法についてお伝えします。

スポンサードリンク

空腹でのアルコールは厳禁

乾燥したスポンジに水を浸すとすごい勢いで水を吸収しますよね。

これと同じことが体の中にも起こるのです。

空腹ですと、人は軽い飢餓状態。

生命維持のため、体に入ってきた物質を一気に取り込みます。

それがアルコールであったとしても同じです。

そうならないために、パン一個とかでもいいので、軽く食べていきましょう。

パン

ちなみに、「牛乳は胃に膜を張るから酔わない」というのは科学的根拠がありません。

「牛乳を飲んで、少し空腹が満たされるので、酔いが回るのをセーブしてくれる」というのが正しい言い方ですので。

水分を摂っておく

アルコールを摂取することは軽い脱水症状を起こす原因になります。

ビールであれ焼酎であれ、度数にかかわらず、すべてにあてはまることです。

脱水症状は二日酔いの原因の一つです。

二日酔い予防のため、飲む前に水を最低コップ二杯は飲んでおきましょう。

特に普段、あまり水を飲まない方は多めに飲んでおいてください。

水

また、飲酒中に水を飲むのも効果的です。

理論上、水とアルコールを一定の割合で飲み続けると酔わないとも言われるくらいです。

飲み会で水を飲むと場がしらけると思われるかもしれません。

その時は、誰も見えない所に移動して、水をもらって飲みましょう。

それくらい水分は大事ですから。

スポンサードリンク

肝臓の働きを強化してくれるモノを飲んでおく

ウコンやヘパリーゼなど、コンビニで売られている二日酔い対策のドリンクがあります。

これは、肝臓の働きを良くしてくれる作用があると言われています。

肝臓の働きの一つに、アルコールを分解することが挙げられます。

肝臓をより強化し、サポートするために、これらを飲むのも効果がありそうです。

なお、ウコンに関しては、普段から飲んでおくと良いです。

ウコン

肝臓の働きを活発化してくれるので、普段から健康に寄与することになります。

高いウコンを買うのもいいですが、このような安価なサプリメントでも効果があります。

是非とも飲み会直前だけでなく、普段から健康のために肝臓を労わっていただきたいと思います。

以前話題になった朝カレー。

メジャーリーガーのイチロー選手が取り入れているということで流行になりました。

カレーの黄色は実はウコンの色なのです。

だから、朝にカレーを食べて、肝臓の働きを活発にさせるということになります。

非常に理にかなっている食事方法ですね!

以上、3点をご紹介させていただきました。

で、最も大事なことは、飲み過ぎないこと、結局はこれに尽きます。

でも、楽しい気分になり、ついつい飲みすぎてしまうこともあります。

そんな時のために、こちらもご覧いただいて、対処していただければと思います。

二日酔いの治し方。速攻で吐き気を消し去る方法とは!?

どうか、楽しい飲み会にしていただくため、飲む前からの準備を万端にしてくださいね!

Q,このブログは現在何位でしょう?→答えはこちら

スポンサードリンク

この記事を読んだ方はコチラも読まれています

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする