悪口を言う人への対処法はこれが一番!自分の評価が上がります

もし、誰かから悪口を言われたら、あなたならどうしますか?

関西では悪口なのかイジッているのかわからない微妙なのもありますが、自分が許せる範囲のことを言われると気分が良いものではありません。

「売り言葉に買い言葉」

悪口を言われたら、悪口で応戦するかもしれません。

気持ちは非常にわかります。

やられっぱなしでは気分が悪いままですし、ちょっとくらいやり返したいと思うのも仕方ありません。

それをふまえて・・・

悪口を言う人への対処法は心理学的に考えると、どうすれば最も良いのでしょうか?

それをお伝えさせていただきます。

スポンサードリンク

悪口を言う人への対処法はこれがベスト

結論から言うと、「悪口を言った相手を無視する。」ことです。

やられたらやり返すみたいな血の気の多い考えはいますぐ捨ててください^^;

無視

なぜ、この方法がいいの?

イタリアのパドヴァ大学のルチアーノ・カラロ博士の研究結果です。

カラロ博士は46人の市民に協力してもらい、次のような文章を読んでもらう実験をしました。

ある町の選挙にAとBの候補者がいました。

この時、候補者Aが候補者Bに向かって、「親に金銭的な援助を受けている」「40歳になってようやく大学を卒業した」などと、悪口を言いました。

悪口を言われたBさんは、二通りの対応をしました。

  1. 無視した
  2. 応戦した(Aの悪口を言い返した)

この状況でAとBとでは、どちらの立候補者が評価される(好感が持てる・信頼できる・任せることができる)のでしょうか?

この実験の結果は次の通りです(好感度を数字で表しています)

  無視 応戦
候補者A 3.17 3.77
候補者B 4.76 4.04

この結果からわかることは、「最も高い評価を受けたのは、悪口を言われても無視したB」ということです。

また、相手の挑発に乗ったり、言い返すとその人の評価が下がることがわかりました。

スポンサードリンク

一方で、一番低い評価を受けたのは、「悪口を無視されたA」でした。

このことから、悪口を言われても決して反撃はしてはいけないこと、我慢して無視を通すことで、かえって自分の評価を高めることがわかります。

また、悪口を言われるよりも言う方が評価が著しく下がります。

私が以前勤めていた職場は、その場にいない人の悪口を言う習慣というか、悪しきならわしがありました。

今から5年前くらいの話ですが、どうやら今もそれが続いているようなのです。

それが影響してるのか、精神疾患で長期の病欠になる比率が高いです。

実際にうつ病で休んでいる後輩がいましたが、「自分の悪口を言われているのかな・・・と思って、全然気が休まりませんし、治る気がしません。」と言ってました。

自分の評価を下げるだけでなく、人にも悪影響を及ぼしかねないですから、悪口は言いたくないですし、言われても完全無視に限りますね。

他にも人に嫌われる特徴があります。

詳しくはこちらをご覧ください↓

嫌われる人の特徴は?心理学で見る5つの傾向。

スポンサードリンク

この記事を読んだ方はコチラも読まれています

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする