結果が出ないのは辛い・・・結果と努力と時間の間違った刷り込みとは

夏に向けて絶賛ダイエット中。

カロリーを考えて、大好きな甘いものを控えめにして、今年こそはビキニを着たい。

私の女友達が言っていた言葉です。

数ヵ月後に、「ダイエットはいかが?」と聞くと、「全然痩せてない・・・続けるのもしんどくて、心が折れて、ダイエット休業中・・・」という返答が。。

頑張っても結果が出ないのは辛いです。

頑張ったら頑張った分だけ目に見える結果として返ってきてもらいたいものです。

でも、継続は力なりということもあなたは知っています。

だから、結果が出ない時も一生懸命頑張ってきたのですよね。

ここで、努力と結果について、少し考え方を変えていただけますでしょうか?

そうすることで、あなたの頑張りが報われるようになるかもしれませんので。

スポンサードリンク

結果が出なくて辛いのは、間違った認識を刷り込まれているから

「継続は力なり」「努力は報われる」という言葉は正しいです。

何の頑張りもなく、突然ダイエットが成功したり、仕事ができるようになることはありませんよね。

どうやら、世の中は「待っていて誰かが結果を持ってきてくれる」のではなく、「自分から欲しい現実を手に入れに行く」ようになっているようです。

その為に、あなたは頑張って、結果を手に入れようとしているのですよね。

ここで、結果と努力の相関関係をご説明します。

こういうイメージをなさっている方がおられるようです。

「努力は報われる」から「頑張った分だけ報われる」と知らぬ間に刷り込まれているのです。

だから、努力と結果にズレが生じてきて、「頑張ったのに結果が出ない」と思い、辛く思ってしまう、継続できないのが一つの理由です。

ちなみに、このグラフを描く人、つまり、頑張った分だけ結果が出る人を世の中は「天才」「才能がある」と呼んでします。

あなたが天才かどうかはここでは置いておいて、才能がある人の軌跡を、知らぬ間にあなたの頭の中に思い描かされていたのです。

それはちょっと現実的ではないと思いませんか?

スポンサードリンク

努力と結果の相関関係の本当の軌跡

努力と結果の関係は一般的にこのようになります。

シグモイド曲線と言って、この世に存在することの多くは、この曲線の通りになると言われています。

しばらくは頑張っても何も結果が出ない、少ししか成果が現れない、そんな時があります。

そこを辛抱して継続できるか、それが大きな結果を生む分かれ目と言えそうです。

グラフの赤い点を越えたら、本当に一気に面白いほど上手く進んでいきます。

それを、「ブレイクスルー」や「才能が開花した」と呼ばれています。

私もこれを散々経験してきました。

学生時代は器械体操をしていました。

体が硬くて、風呂上りに開脚の柔軟体操をしても、全然柔らかくなりません。

それでも、毎日続けること2ヶ月・・・

突然、一気に足が開くようになりました。

開脚

先ほどのシグモイド曲線で言うと、赤い点が2ヶ月だったということです。

このブレイクスルーがいつ来るのかはわかりません。

それが辛いところですが・・・

シグモイド曲線のもう一つの見方

シグモイド曲線のもう一つの見方がありまして、それは、「あなたもすごい才能が隠れている」ということです。

「この世に存在することの多くは、この曲線の通りになる」と書きましたが、そういう意味も含まれています。

ブレイクスルーしたら、一気に結果が出ていきます。

人によっては現実が自分の想像を軽く超えていくこともあります。

その才能を世に出さないともったいないじゃないですか。

シグモイド曲線で大事なのは、「我慢する期間が必要」ではなく、「想像を超える結果を生み出す力をあなたも持っている」ということです。

結果が出ないから辛いのではなくて、本当は”思っているくらいの結果しか出ないから辛い”なのかもしれません。

少なくても、あなたの潜在意識はそう思っていますよ!

ビビるほどの結果を叩き出してくださいね!!

なお、結果を更に早く出したい方はこちらも合わせてご覧ください。

引き寄せの法則の効果を3倍にするコツはこの二つを毎日すること

感謝の言葉「ありがとう」はこんな奇跡を起こします。

Q,このブログは現在何位でしょう?→答えはこちら

スポンサードリンク

この記事を読んだ方はコチラも読まれています

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする