2016年冬のコミックマーケット91は参加すべき

毎回もの凄い盛り上がりを見せているコミックマーケット。

夏と冬に行われています。(イレギュラーに違う時期に行われることもあります)

私は友達が毎回サークル参加の申し込みをしていて、当選したら自分のブースで、落選したら友達のブースで本を出品しているので、便乗して遊びに行ってます。

そこで思ったのは、

「コミケには一度は参加すべきだ」

ということ。

その理由は後ほど申し上げますが、まずはコミケの基本的な情報をお伝えします。

スポンサードリンク

コミケはいつどこで開催される?

コミケは最近は夏も冬もずっと東京ビッグサイトで開催されています。

アクセスはJR大崎駅からりんかい線に乗り、「国際展示場」駅で下車か、JR新橋駅からゆりかもめに乗り換えて、 「国際展示場正門」駅で下車すると、目の前に巨大な建物があります。

これが東京ビッグサイトです↓

p1020320

ワシントンホテルとか、背の高い建物が多々ありますが、三角形を反対にした肌色の建物だと思っておいてください。

ちなみに、下車駅はどこも恐ろしいほど混んでいます。

改札を抜けるまで、20分くらい掛かることもあります。

コミケは毎回3日で10万人の来場者がいます。

そのほとんどが電車です。

混んでも不思議ではありませんね・・・

ちなみに、コミケ開催期間中は東京ビッグサイトは貸し切られます。

行ったらわかりますが、東京ビッグサイトは尋常ではない大きさです。

知っている人と行かなければ、ほぼ間違いなく迷子になります。

これを3日間貸切にしなければ、人をさばけないくらい巨大な規模なのです。

夏は盆の時期、冬はクリスマスを過ぎた年末に行われています。

今年は12月29日(木)~31日(土)開催予定です。

時間は

出展サークル 10時~16時
企業ブース 10時~17時(最終日は16時)
コスチュームプレイ 10時~16時(最終日は15時)

となっています。

ちなみに、10時はかなり入場者が多く、1時間待ちを覚悟しなければなりません。

人気の同人誌やグッズを手に入れるために、始発で東京ビッグサイトに来る人もザラにいる世界ですから。

ちなみに、私はいつも昼過ぎに行ってますので、全然待たずに入れてます。

軽く見るだけと思う方は、それくらいの時間に行ってもいいと思いますよ!

市場の本気度が見てわかる、社会の縮図がそこにはある

コミケは人それぞれ楽しみ方がありますが、私が驚いたのは企業ブース。

そこには一流企業の名前があります。

グッドスマイルカンパニーはメジャーですが、オタクの祭典と考えたら、出展するのもうなずけます。

でも、松竹やセガなども出展しています。

つまり、ここで市場調査を兼ねた販売を行っているのです。

驚くべきはあの世界を裏で操っていると言われている、あのgoogleまでも出展しているんです。

20120810120520

googleが参加するなんて、本当に考えられないくらい凄いことなのです。

googleはもちろん、ビッグデータの収集が主な目的でしょう。

大手企業もオタクを無視できないほど、市場は大きく形成されています。

最近では芸能人も参加しています。

小林幸子が出展したのは、ニュースにもなりました。

それくらい、可能性を見出しているのでしょうね!

コミケに参加すべき理由

最初に私はコミケに参加すべきだと言いました。

それは、「オタクと呼ばれる人に対する偏見がなくなる」からです。

私は友達がオタクなので、そこまで抵抗はありませんでした。

ただ、友達以外のオタクとは距離を取りたいとも思っていました。

それが、コミケに来て、一気に考えが変わりました。

コミケのスタッフ、誘導係や案内係の人は全員ボランティアなのです。

つまり、コミケやオタク文化が純粋に好きだから、自分がコミケを支えたいという気持ちで参加しているのです。

10万人をさばくのですから、並みの仕事量ではありません。

それを給料をもらわず、ただコミケが好きだからという思いだけで手伝っているのです。

「好きなことだから、それを楽しむ」

たったこれだけのことですが、これを体現しているのがオタクなのです。

スポンサードリンク

好きなことがあっても時間がない、お金がないと言い訳して、何もしない人がいます。

オタクの人も仕事をしていますし、全員がお金に余裕があるわけではありません。

友達は母親がくも膜下出血で入院したので、入院代を払っていました。

はっきり言って、かなり高いです。

それでも、仕事をしながら、母親の容態を見ながら、時間がある時には聖地巡礼をしていました。

時間がない、お金がないなんていう言い訳は全くなく、楽しいことだからしているという子供のような心があるのです。

それって本当に大切なことじゃないですか?

それができるって羨ましいと思いませんか?

毎日仕事に追われて、いや、仕事を言い訳にして、結局何もしていない人よりも、オタクの人の方がはるかにステキだと思ったのです。

だから、コミケに行って、あなたがやりたいと思っていながらもしていないことがあるならば、それをしているキラキラした自分を重ねて見てほしいのです。

人生観が本当に変わりますから。

コミケに参加する時の注意点

まず、ケータイをあてにしてはいけません。

「電話したら誰がどこにいるかわかるから大丈夫」

と思って、現地に行くとえらい目に遭います。

数万人がケータイを持っていて、各々電波を受けています。

だから、電波同士が干渉して、電話がつながらないことが多々あります。

こんな感じですから。

 20101107200406c31

「何時何分どこに待ち合わせ」

古典的ですが、これが一番確実です。

次に水分ですが、東京ビッグサイトにも、水やスポーツドリンクが売っています。

近くにコンビニもあります。

でも、現地には数万人規模で人がいます。

売り切れの可能性も十分に考えられます。

重たくなりますが、脱水症状になるよりかはマシなので、できれば新橋駅や大崎駅、もしくは地元の駅など、東京ビッグサイトから少し離れた場所で少し多めに買っておいてください。

ちなみに、水とスポーツドリンク両方買うのがお勧めです。

スポーツドリンクは塩分補給になりますが、濃いと水分が体から逃げてしまいます。

それを補えるのが水なのです。

東京ビッグサイトは海辺にあります。

真冬ですので、かなり寒いです。

でも、会場内は熱気ムンムン。

かなり暑いです。

夏場は毎年脱水症状で倒れる人が続出しています。

冬だと思って油断すると大間違い。

オタクの熱気はすさまじいものを感じました。

だから、コートなどの下は薄手の服がいいと思われます。

コミケの2019年問題

コミケには避けては通れない問題があります。

東京ビッグサイトは2020年の東京オリンピックで、外国人記者の中継基地になるので、その間は使えないとのこと。

それが、2019年から準備で、コミケで使用することができないのです。

世界的イベントなら仕方ないですね・・・

「じゃ、幕張メッセでは!?」

と思うのですが、幕張メッセも東京オリンピックの関係で2019年から使用不可なのです。

じゃ、どうするの?ということですが・・・

候補地が二つありまして、ひとつは大阪、もうひとつは名古屋です。

大阪にはインテックス大阪という、巨大な箱物がありますから、そこで開催されるのでは、という憶測が飛び交っています。

136_large-thumb-480x324-2619

でも、大阪に住んでいる人間からすると、

「インテックス大阪では絶対にしない方がいい」

と断言できます。

まず、交通が不便です。

インテックス大阪まで行くには2種類の電車しかありません。

しかも、本数が少ないです・・・

それに、大阪にそれほどの大勢の人が来たのは、1991年の花の万博までさかのぼります。

1919e3a3188e26781b56ff6a2b67da07_5161

これは花ずきんちゃんといいますが、その花の万博のキャラクターです。

今から25年前の出来事です。

それ以来、一時期に人が大挙して押し寄せてきたことがないのです。

そんな所で開催して、人がさばけるのか、私は疑問に感じるのであります・・・

Q,今、このブログが何位でしょう?⇒答えはこちら

スポンサードリンク

この記事を読んだ方はコチラも読まれています