寝ながらできる腰痛に効くストレッチとツボ押し方法。

このブログで以前、腰痛を取り上げました。

非常に多くの方がご覧になっていることを知り、改めて腰痛で悩んでおられる方がたくさんいると再認識しました。

9b577c64fa8b89738cdf3c2ca32928c4_s

詳しくは

 ためしてガッテンで腰痛改善を特集。腰痛は簡単に治せる!

をご覧いただきたいのですが・・・

今回は寝ながらできる腰痛のストレッチ方法をご紹介します。

腰痛は座っているだけ、立っているだけで吐き気がするほど痛くなることもあります。

だから、腰痛の時に寝転ぶのはとても良いことなのです。

でも、ただ寝転んでいるだけではもったいない!

ここは一歩踏み込んで、寝ながらできるストレッチとツボ押しで、腰痛の改善をしてもらいます。

寝転びながら、テレビを見ながら、是非とも試してみてくださいね!

スポンサードリンク

腰痛に効くツボは?

腰痛に効くツボは確かにあります。

でも、整骨院に勤めている私からすると、「ツボを押しても治らないこともある」ということです。

腰痛の原因は様々ですが、症状としては、筋肉に硬結(ゴリゴリとしたコリ)ができています。

そこが痛みを発生させているのです。

トリガーポイントとも言われるこの箇所を狙うのが、腰痛に効く方法なのです。

腰痛に効くツボを押すのではなく、トリガーポイントがツボのようなものと考えてください。

では、腰痛のトリガーポイントはどこにあるかといいますと・・・

人それぞれなんです。。。

でも、ポイントがあり、その辺りにトリガーポイントができやすいので、そこを狙うと痛くて気持ち良い、ツボを押されている感覚になります。

やり方ですが、まず、仰向けに寝転びます。

次に、腰の下にゴルフボール、もしくはテニスボールを置いてください。

そのまま背中の下でボールを動かすだけです!

この図をご覧ください↓

4b882d6f9643c74bf47cf755ddbd61b3_s

緑色の線が背骨で、背骨を挟んで両側の筋肉にボールが当たるようにしてください。

ちょうど、赤い丸の中でボールを動かすようにしてください。

赤い丸の中が脊柱起立筋と呼ばれる筋肉の腰部です。

そこを狙いましょう!

注意点は、黒い線の間でボールを動かすのを止めてください。

黒い線の上が、12番目の肋骨で、下の黒い線が骨盤です。

特に、12番目の肋骨は折れやすいので(というか、すぐに折れます)、絶対にボールを当てないでください。

スポンサードリンク

腰痛に効くストレッチは?

腰痛のストレッチはねじることが一番です。

まず、仰向けに寝ます。

次に右足を上げて、そのまま左側に倒します。

足を伸ばす必要はありません。

肩は絶対に地面に着けたままにしてください。

右肩が上がると、ねじれが弱くなるので、ストレッチになりません。

ちなみに、左側に倒した時、背骨がボキボキなることがあります。

それは、腰椎(腰の骨)の歪みが矯正されて、正しい位置に戻ったから良いことです。

やり方については詳しくはこちらをご覧ください↓

腰痛は今や社会問題です。

ぜひ試して、改善されることを願っています。

このブログの今日のランキングは?→人気ブログランキングへ

スポンサードリンク

この記事を読んだ方はコチラも読まれています

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする