逃げるは恥だが役に立つが好調。続編が早くも決定!?

火曜日の22時からTBS系列で放送されてたドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」。

津崎(星野源)とみくり(新垣結衣)が契約結婚という形で同居して、そこから話は発展するほのぼのラブストーリー。

津崎さんの雇用関係・プロの独身という自負を盾にしたヘタレっぷりとみくりの恋心がかみ合わないまま話は中盤へ。

そして、大好評のままドラマは幕を閉じました。

視聴率は好調で平均12.35%。

最終話は20%超えを果たすという快挙を達成しました。

2016年で最もヒットしたドラマの一つですね!

また、エンディングのガッキーのダンスも話題を集めています。

そのガッキーのかわいさが半端ないです!

エンディングのテーマ曲が幸せ感が溢れていますね↓

ガッキーのかわいさと健気さ、予告のない突然の演出など、視聴者を飽きさせません。

そこで、「逃げるは恥だが役に立つ」の続編があるのか、業界関係者にオフレコで聞いてみました。

スポンサードリンク

「逃げるは恥だが役に立つ」の続編はあるのか?

お話をしてくださったのは、放送作家のOさん。

テレビ番組の台本を書いています。

そのOさんの見解をご紹介させていただきます。

「ずばり、続編は期待していいでしょう。

このドラマは設定に無理があると思っていたが、ガッキーのかわいさがそれを完全に打ち消しています。

女性は恋愛ドラマとして観ていますが、男性はほぼ妄想の世界に浸っているのでは?

「ガッキーと一緒に生活できたら・・・」と、僕も思ってしまいます。

毎回、ガッキーの頭の中の妄想が描かれるシーンがありますが、あれもかわいさを際立たせています。

ただ、やりすぎは禁物。

ドラマ「きょうは会社休みます。」で綾瀬はるかが同じようなことをするシーンが毎回ありましたが、最後は視聴者に飽きられていました。

そこにどう折り合いを付けるかが、腕の見せ所ですね。

恋愛ドラマは10~30代の女性がメインターゲットですが、今回は男性も見ているので、TBSとしては、今クールだけで終わらせるのはあまりにももったいないです。

ただ、新垣結衣ほどの売れっ子になると、そう簡単にスケジュールを押さえることはできません。

今回のドラマで更にファンが増えたことは間違いありません。

他のドラマで起用したいと思うテレビ局が一気に増えるでしょう。

スポンサードリンク

また、新垣結衣が所属してるレプロエンタテインメントは業界ではかなり嫌われています。

とにかくやり辛い。

和気藹々としたインタビューですら、強面の事務所関係者が側にいて、和やかな空気はどこへやら。

結局、事務所関係者にマネジャーやタレント本人が言われるがままとなり、取材がまったく成り立たないこともあります。

今回の大当たりがレプロエンタテインメントを調子付かせてしまったとなれば、交渉は難航必至です。

そこの根回しや事務所詣でをTBSがどこまでできるのかが続編の肝になると思います。

このドラマで二人が本当に夫婦になるエンディングであっても、脚本は自由に描くことができるので、また、見せ方も上手いので、GOサインが出れば、続編はあります。」

私もこのドラマ、楽しみにしています。

そして、ガッキーとの共同生活を妄想している一人です^^;

続編を期待せずにはいられません・・・

Q、このブログは現在何位?→答えは人気ブログランキングへ

スポンサードリンク

この記事を読んだ方はコチラも読まれています

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする