パソコンの修理を実質無料でできる裏技があるのをご存知?

スポンサードリンク

自宅のパソコンが壊れたら・・・修理代は高いし・・・

自宅で使っているデスクトップのパソコン。

仕事やプライベートでフル活用している方も多いのでは!?

もし、パソコンが地震や子供のいたずらなどで倒てれしまって壊れり、モニターにヒビが入って、液晶が漏れ出したりしたらショックがでかいです・・・

ショック

「修理するには高いから、新しいパソコンを買い換えようか。。」

そう諦めるにはまだ早いです。

そのパソコンを実質無料で修理できるかもしれません。

新しく買い換える前に、一度挑戦してみてください!

まずはこれをチェックしてください

チェックするのは、ほとんどのご家庭で加入されている「火災保険」です。

火災保険は呼んで字の如く、自宅が火事の被害に遭ったときに支払いがされる保険です。

火事

「なぜ、火災保険でパソコンの修理が実質無料でできるの?」

それは次にご説明します。

スポンサードリンク 

なぜ、これで無料で修理できるの?

火災保険のオプションも「家財保険」というのが付帯されるケースが多いです。

それを保険証書で確認してみてください。

この家財保険が自宅のパソコンに火事以外の原因で破損した場合や、先ほどの例で言ったお子様がいたずらで壊してしまった場合などに適用され、保険金が支払われることがあります。

どうすれば確認できる?

まずは保険証書を探し出してください。

火災保険の契約時に必ず発行されています。

その証書に、あなたが契約した火災保険の内容が記載されています。

そこの付帯事項やオプションなどという欄があれば、そこを確認してみてください。

そこに”家財保険”と書かれていれば、第一段階クリアです。

続いて、火災保険の約款を見てください。

細かい字でズラズラと契約内容が書かれています。

そこに家財保険が適用されるケースが書かれています。

保険会社は契約金の支払い範囲を明確にするために、事細かに事例や適用ケースを列記していることがあります。

無制限でしたらそれだけ保険金の支払い総額が多くなるので、契約によってしばりを設けているのです。

そこに書かれている内容で、破損したパソコンの修理代が出るケースであれば、保険会社に電話しましょう!

なお、一般的に、デスクトップパソコンは保険の対象になりますが、ノート型のパソコンは対象外になることが多いです。

わからなければ、保険会社に電話です

火災保険を契約していることは間違いないのだけれど、家財保険に入っているのか、入っているとしたら、約款のどこに書いているのか、それがわからないケースもあります。

その場合は、「とりあえず、保険会社に電話」です。

これでパソコンの修理代、もしくは新しく買うお金が保険金でまかなえたとしたら、保険に入っていた甲斐もあるというものです。

電話を掛ける

保険は万が一に備えてのサービスです。

それを使うことにならないのが一番です。

でも、いつ何が起こるかわからないのが世の中です。

生活の知恵として、覚えておくと便利ですよ!

他の生活の知恵はこちら↓

便秘の解消法で劇的な効果を出す食べ物って?肌もツルツルに! 口臭対策のおすすめはアレ!職場や家に置いておくと重宝します。

スポンサードリンク

この記事を読んだ方はコチラも読まれています

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする