初対面の人との食事。好意を持たれる会話でグッと興味を惹かせるテク

初対面の人との食事はどうしても緊張してしまいます。

でも、それがあなたの気になる人でしたら、次も会えるか重要な局面です。

何が何でも相手に気に入られたいですよね。

でも、会話は何をしたらいいのかわからない・・・

そういう方のために、相手の懐に入り、ギュッと興味を持たれる会話術をお伝えします。

スポンサードリンク

こういう会話はNG

「趣味は何ですか?」

「出身地はどこですか?」

など、無難な質問は避けた方がいいです。

失敗

最初の取っ掛かりにはいいかもしれませんが、話が広がりにくいので。

では、心理学で考える、究極の会話術を次にご紹介します。

ついに解禁!初対面の人との食事で相手の心をくすぐる会話術

それは、あなたの方から思い出話をすることです。

思い出話

「実は・・・初恋の人にこの場所で告白したことがあるんですよ。」などと話してみてください。

思い出がなければ、勝手に作ればいいです。

あなたから自分の思い出話を切り出せば、たいていの相手は自分の思い出話も話してくれます。

あなたの思い出話が呼び水となって、相手の思い出話を引き出すからです。

まさに、その場を支配している感じですね。

南イリノイ大学のジーン・カニンガム博士によると、自分の方からプライベートな話を切り出すと、それを聞いた相手もつられて、自分のことをたくさん話すようになるそうです。

さらに、自分の思い出話をたくさん語る人は、相手からの好意が得られるとジーン博士は指摘しています。

思い出話をするということは、自分のもっともプライベートな部分を相手に見せていることになります。

そんなオープンな態度で接してくれる相手に対しては、誰もが心を開いてしまうものなのです。

自分のことを話さない方が興味を持たれるのでは?

「自分のことを一切話さなければ、ミステリアスに思われて、興味を持たれる。」という説もあります。

ミステリアス

それは、「底が見えない」人なら興味を持たれるのであって、何も話さない人は、「何を考えているかわからない」と思われます。

「底が見えない」ということは、ある程度自分のことを相手に話していることになります。

その上で、まだ話していない、面白いエピソードを持っていると感じさせることであり、自分のことを何も話さないことではありません。

好かれる人はオープンな性格な人が多いです。

そう思わせるには、自分のことを話すのが一番簡単なのです。

とはいえ、一方的に話をするだけでは、相手は飽きてしまいます。

初対面で、固い雰囲気をやわらかくするために、相手に話をたくさんさせるために、この方法がありますので。

なお、初対面の人に好かれるテクニックは他にも公開していますので、ご覧ください。

初対面の人と仲良くなる心理的方法。簡単テクニックを本日解禁!

初対面の人との会話が苦手でも大丈夫!話術以外で好かれる心理テク

アイスブレイクとは?大人数でも10秒で気に入られる自己紹介法解禁

合コンの話題は仕事が鉄板!心理テクを使い、簡単にオトせるから

スポンサードリンク

スポンサードリンク

この記事を読んだ方はコチラも読まれています

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする