合コンの話題は仕事が鉄板!心理テクを使い、簡単にオトせるから

合コンは初対面の異性の集まり。

話題に困ることがありますよね・・・

合コン

そういう時に鉄板なのが、「仕事」の話題です。

なぜ、仕事の話題が最も良いのか、仕事の話題をどう使うかを具体的にご説明します。

スポンサードリンク

仕事の話題が鉄板な理由

仕事はほとんどの人に共通の話題だからです。

学生であっても、バイトをしている人がほとんどですし、社会人の合コンでしたら、相手方も間違いなく仕事をしています。

共通点があると、その人に心を開いてしまうということが、心理学的に証明されています。

フランス南ブルターニュ大学のニコラス・ゲーガン博士は、学生に協力してもらって、こんな実験をしています。

学生たちは80人の通行人に声を掛け、「時計を忘れてしまって。今何時ですか?」と尋ね、時間を聞いた後、「ありがとう。ところで、驚いたことに、私と同じ腕時計なんですね。」と付け加えました。

「同じ時計」とは言わなかった場合と比べて、通行人がどれだけその場に長く留まるかを測定しました。

ちなみに、通行人が男性のときは男子学生が、女性の場合は女子学生が声を掛けました。

結果はこのようになりました。

  ありがとうのみ 「同じ時計の追加」
男性 1.41秒 2.54秒
女性 1.53秒 1.91秒

みずしらずの通行人でさえ、「同じ時計」という共通点を示されるだけで、その場に長く留まったのです。

親近感が湧いてしまい、即座に立ち去ろうとしなかったということです。

共通点を見つけるには、仕事が最も簡単ですよね。

だから、仕事の話は鉄板なのです。

共通点

共通点を見つけるために気をつけたいポイント

基本的には、「相手にしゃべらせること」です。

人は聞くよりも話をしたい性分があります。

自分が話すのと相手にしゃべらせる時間は2:8くらいでいいです。

話し上手よりも、聞き上手の方がモテるというデータもあるくらいです。

スポンサードリンク

話し上手は人によってはかなり難しく感じるかもしれません。

場を盛り上げて、次々と話題を振っていくよりも、相手の話を掘り下げていく方が100倍簡単です。

ただ、一方的に話を聞いてばかりだと、詮索されていると思われるかもしれません。

だから、少しだけ自分の話を入れるのです。

その時に、「それ、すごくわかる。」「自分の職場も同じことがある。」ことをアピールするだけです。

それだけで、あなたに対して好意を持ってくれるようになります。

自分の話をしてアピールするよりも、相手との共通点を見つけて、話をきいてあげる、その方が圧倒的に成功率が上がります。

是非とも試してみてくださいね!

初対面の人に好かれるための記事はこちらもご覧ください↓

初対面の人との会話が苦手でも大丈夫!話術以外で好かれる心理テク

初対面の人と仲良くなる心理的方法。簡単テクニックを本日解禁!

スポンサードリンク

この記事を読んだ方はコチラも読まれています

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする