嘘の戦争の続編はあるのか?業界精通者に聞いてみました。

大人気ドラマ「嘘の戦争」。

草なぎ剛さんが復讐を遂げるというストーリー。

視聴率も10%をはるかに超えていて、かなりの好調ぶり。

草なぎ剛さんは銭の戦争やスペシャリストなどで、IQが高い役を演じてます。

以前はスタアの恋で、一サラリーマン役をしていましたが、今は知能が高くてクールな役に重きを置いているように思います。

今後もその路線で行くかもしれませんね。

嘘の戦争に続編があるのか?

とても気になるところです。

そこで、業界に詳しい人に聞いてみました。

スポンサードリンク

嘘の戦争に続編があるのか?

以下が、業界に詳しいAさんのコメントです。

スポンサードリンク

「嘘の戦争の続編はあるといえばあるが、ないといえばないでしょう。

というのも、銭の戦争とストーリーや構成がとても似ています。

リメイクと言われても仕方ありません。

でも、このストーリー展開で草なぎ君を抜擢することは、今後もあり得ます。

「戦争シリーズ」とでも言えばいいでしょうか?

もしくは、「○の戦争」というタイトルでなくても、同じような話の内容で草なぎ君を知能が高い役に抜擢することはありますね。

あの手の役は慣れが必要なのです。

IQ246で織田裕二がその役に挑みました。

その時は、おぼっちゃん風で役を作っています。

一人の人間が高いIQを駆使して難事件を解決するということとは少し違うような・・・

キャラクターで本当に見せて欲しい、視点の鋭さや論理的思考が少し物足りなかったように思います。

それと比べると、草なぎ君は演技や雰囲気でそれを見せることができます。

銭の戦争も嘘の戦争もスペシャリストもすべてに共通しているのが「アウトローな役」ということです。

特に銭の戦争や嘘の戦争は「任侠ヘルパー」で培われた演技力が存分に生かされています。

更に、草なぎ君の目の細さも嘘の戦争の役には欠かせないポイントです。

復讐をするということですから、目が大きくて優しそうな役者でしたら、雰囲気が出ません。

怖さが必要なのです。

ミナミの帝王を受け継いだ千原ジュニアもそのイメージなのでしょう。

役に負けないような雰囲気を持った役者としては、草なぎ君は絶好のハマリ役だと言えます。

だから、嘘の戦争としては今クールで終わりだと思いますが、今後も同じような作品が作られるでしょう。

その時の主役はもちろん草なぎ君しかいません。

SMAP解散騒動などがありましたが、それに負けないようにこれからも活躍してもらいたいです。」

私はこの手のストーリーがとても好きです。

痛快・爽快とは言えませんが、それに似た感情を持つことができます。

今後、嘘の戦争はどのように進んでいくのでしょうか?

一人のファンとして、とても楽しみです。

スポンサードリンク

この記事を読んだ方はコチラも読まれています

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする