ゴキブリ対策おすすめ方法を公開。夏場に出てくる黒い悪魔を撃退!

スポンサードリンク

ゴキブリは嫌い!

梅雨辺りから夏場に掛けて出てくるゴキブリ。

あの黒光りした好きになれないフォルム、何かを探そうとしてカサカサ動かしている触角、遭遇した時は一瞬パニックになります。

パニック

そこで、おすすめするゴキブリの対策方法をお伝えします。

ごきぶりホイホイも当然使えます。

それにプラスしたら、もっと効果的なテクニックです!

ゴキブリの弱点

異常な繁殖力、どこにでもいてる生命力、その生きることへの執念は尊敬の念すら覚えてしまうゴキブリ。

そんなゴキブリにも弱点があります。

レモンに代表される柑橘系の香りや、ミントやハッカなどのメントール系の香りが苦手です。

特にレモンはその果汁をゴキブリにかけると麻痺して動けなくなるくらい、ゴキブリとの相性が抜群です。

レモン

他には、寒い場所と乾いた場所が苦手です。

ゴキブリも昆虫、昆虫は変温動物です。

自分で体温を作ることができず、外の気温で体温を左右されます。

だから冬場はゴキブリが出ないのです。

そしてゴキブリも水がなければ生きていけません。

キッチンなどの水回りにゴキブリが発生しやすいのはそのためです。

もう一つ苦手なのが中性洗剤。

ゴキブリの体にある脂質を全て取る、呼吸する穴を全てふさぐなどの理由があります。

中性洗剤では無いのですが、シャンプーも効果があります。

以前お風呂に入ってた時に、浴室にゴキブリが発生。

そこで思わずシャンプーをかけてしまいました。

すると、吉本新喜劇のようにパタっと下を向いて足をピクピクさせていました。

また唐辛子も苦手です。

これらを踏まえて、対策方法を考えてみましょう。

スポンサードリンク

ゴキブリ撃退用スプレーを作成

ハーブ専門店やアロマテラピーのお店で売られているミントをホワイトビネガーに1週間浸けておくだけで、ゴキブリ撃退用のミントスプレーが完成です。

市販のミント油と水を混ぜたものでも結構です。

そのスプレーを部屋中にかけましょう。

特に玄関や網戸の隙間、キッチンなど、ゴキブリの侵入しやすそうな場所、遭遇率の高い場所を重点的に行います。

進入口にトラップを仕掛ける

ゴキブリはどこから入ってきたのか?

そんな疑問を思い浮かべさせるほど、ゴキブリはどこからでも入ってきます。

でもゴキブリも昆虫です。

物理的なスペースが無ければ、入ってくる事は出来ません。

考えられる侵入経路は換気扇や玄関ドアについているポスト、エアコンの室外機の放水ホースの先端などです。

その侵入経路の入り口に唐辛子を縦半分に切っておいておきましょう。

侵入口に置いておくのがベストですが、できるだけその付近に置いておく事でも効果が期待できます。

と同時に、侵入口をふさぐことも大事ですよね。

例えば排水管にネットやふたをかぶせる、換気扇や玄関ドアについてるポストにフィルターや網を張る、室外機の放水ホースの先端にストッキングなどを輪ゴムでつけて口を塞ぐ、なども併せて行ってください。

どうしても戦わなければならないときは

殺虫剤を使って撃退することもできます。

でも、小さな子供がいたら、健康被害を考えてしまいますよね。

そこで古典的ですが、「新聞紙を丸めて、棒状にしてゴキブリを叩く」この方法が最も効果的です。

殺虫剤を使っててゴキブリを退治しようとしたら、ほぼ100%の確率で、ゴキブリがその辺を飛びまわるのです。

おそらく殺虫剤による苦しみからもがいているだけかもしれません。

部屋の中にいるだけで嫌なゴキブリです。

それが家の中を飛び回っられると、苦痛でしかありません。

それらを考えると、この一撃必殺の方法が良いと思うのです。

腹をくくって、黒い悪魔と戦いましょう。

戦う

なお、叩き過ぎにはくれぐれも注意してください。

毎年のようにゴキブリが発生する季節はやってきます。

今できることからやっておいて、快適な生活を送ってくださいね!

生活の知恵に関する記事はこちら↓

【あさイチ スゴ技Q】アルミホイルの活用術がエグい!

スポンサードリンク

この記事を読んだ方はコチラも読まれています

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする