のどぐろの旬はいつ頃?安く手に入れる今流行の方法とは?

北陸では有名な高級魚のどぐろ。

大阪に住んでいたら全然名前を聞きませんが、金沢では超有名です!

近江町市場では大人気な食材。

毎日、全国各地からのどぐろを食べに、観光客が押し寄せています。

海鮮が豊富な近江町市場をぜひともご覧ください↓

のどぐろは地元の人も極上と評するほど味は絶品。

食べたことがなければ、絶対に一度は食べていただきたい魚です。

でも、のどぐろはめっちゃ高いです・・・

2匹でこの価格・・・

【高級魚「のどぐろ」丸ごと】300-400g 約28cm級の特大サイズ2匹セット(ウロコ・内臓処理済)【お祝い事にも最適】【お歳暮・ギフトにも】ノドグロ/のど黒/赤ムツ/赤むつ

簡単に手が出せません。

そこで、安く手に入れる方法、一番美味しいのどぐろの旬の時期をお伝えします。

スポンサードリンク

のどぐろの旬はいつ頃?

のどぐろは山陰~北陸の地域でしたら、手に入りやすい食材。

基本的には一年中食べることができます。

ですので、旬の時期は好みによるかもしれません。

産卵前(7月~8月)

産卵期(7月~10月)

12月~2月の寒い時期

などが挙げられます。

産卵期でしたら、卵も食することができます。

寒い時期でしたら、身がしまっているかもしれません。

鍋などで食べたいと思うなら、寒い時期は最高です。

もしかしたら、その地域の郷土料理があって、その時ののどぐろしか使わない、なんてことも考えられます。

個人的には冬の寒い時期に、鍋や焼き魚にして食べるのがオススメです!

のどぐろを安く手に入れる方法

輪島の朝市や港近くの市場で買うのが一番安いと思います。

輪島の朝市では5匹1000円という破格で売っているようです!

また、金沢市民に聞いたのですが・・・

地元の人は近江町市場で買い物はしないようです。

もう少し海の方に市場があり、そこの方が安いからだという理由です。

とはいえ、現地で仕入れることは、安いといえども、時間的にも距離的にも難しいかもしれません。

スポンサードリンク

そこで、あなたにもできる方法ですが・・・

ふるさと納税です!

島根県の浜田市(ちなみに、福岡ソフトバンクホークスの和田毅投手は浜田高校出身です)が該当します。

ふるさと納税は納めた額から2000円を引いた額が所得税から差し引かれます。

つまり、実質2000円でのどぐろが買えるというわけです。

実際に浜田市に納める金額は10000円、20000円、30000円、50000円と分かれています。

それによって、のどぐろの量などが変わるのですが。

ただ、あなたの年収(所得)によって、ふるさと納税によって引かれる所得税の額が決まっています。

「50000円納めて、のどぐろをたくさん貰う!」と思っても、所得税の控除額の上限が48000円よりも低い場合、その分は返ってきません。

いくらの寄付をしたら一番良いのか、詳しくはこちらのサイトをご覧ください。

https://www.furusato-tax.jp/example.html

浜田市のふるさと納税について、詳しくはこちらのURLをコピペして、ご覧ください。

https://www.furusato-tax.jp/feature/detail/32202/301

こののどぐろのしゃぶしゃぶ鍋は2~3人前で6,750円です。

動画からでも味が想像できるくらい美味しいそうです↓

でも、高級魚ゆえ、簡単には手が出せないですよね・・・

とはいえ、年に何回か、自分や家族へのごほうびとして食べたいと思うこともあります。

毎日頑張っているあなたですから、少しくらいぜい沢してもいいのでは!?

楽しくて豊かな人生を送りたいですからね!

Q,このブログは現在何位でしょうか?→答えを確認する

スポンサードリンク

この記事を読んだ方はコチラも読まれています

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする