楽天カードのリボ払いは繰り上げ返済ができます。しかも親切設計!


「楽天カードマン」
このフレーズでCMをやっていた楽天カード。
持っている方も多いのではないでしょうか。




免許証や印鑑が不要なので、気軽に作ることができますね。




で、いざ楽天カードを作って、ポイントがガンガン貯まるということで、食事や飲み会、バッグや日用品など、欲しい物をすべてカード払いにしているかもしれません。


でも・・・いざ払うとなったら金額が大きくて、リボ払いにせざるを得ないこともあるかもしれません。


楽天カードは月末締めの翌月27日払い。
月末にカードを使い過ぎたため、支払いサイクルが意外と短くて、リボ払いにしないといけないという経験がもしかしたらあるのはないでしょうか。



リボ払いは手数料や金利がかかるので、できたら避けたいのが本音。
でも、ない袖は触れない、どうしてもリボ払いにしなければならないこともあるかもしれません。
でも、利息を払いたくない、これはあなたも同じように思っているかもしれません。



私も以前、支払うお金がなくて、リボ払いにしたことがあります。
その時はたしか30万円くらいの元金が残ったと思います。


支払った毎月の利息が4000円くらい。


それが数ヶ月続きました。


正直このお金を払うのが苦痛で仕方なかったです。




でも、一括で払うお金がないですし・・・




しかたなく、数ヶ月間は請求される額を黙って支払うことにしました。




「毎月4000円無駄に払っていかないといけない・・・」


4000円は大きいじゃないですか!




それを無条件で支払うことになるなんて、あの時は楽天カードを恨みました。
自分が悪いのはわかっているのですが。。


でも、色々調べるうちに、私はとあることを知ることになり、それを実行しました。
すると、本来払う必要がある金利を大きく下げることができたのです。






本当だったらトータル40000円くらい払うべき利息を30000円くらいに下げることができました。
しかも、リボ払いを早期に終わらすことができたので、これ以上払わなくてもいいという解放感に満ち溢れていたことを覚えています。




もし、あなたも毎月のリボ払いを早く終わらせたい、リボ払いで払う利息を減らしたいと思うなら、この方法を使うことで必ずそれが実現します。
これ以上無駄なお金を払わなくていいと思ったら、とても気持ちが良いじゃないですか。
それをあなたにも感じていただきたいのです。






もし、この方法をやらなかったら、私は早期完済ができていなくて、余計にカード支払いに苦しめられていました。
本当に計算が合っているのかやいつまでも元金が減らないという不満を持ち続けていました。




それって苦しいことじゃないですか。
リボ払いのしんどさをわかっているからこそ、あなたにはリボ払いから早く解放されて欲しい、そう思ってこの記事を書きました。
最後まで読んでいただければ、きっとあなたも無駄だと思う金利を減らすことができますよ!



スポンサードリンク

なぜリボ払いは減らないのか?


楽天カードに限らず、リボ払いを続けても、なかなか完済しないと感じるのはなぜでしょうか?


それは、「元金に対して、返済額が少なすぎる」からです。
10万円支払う必要があったとして、月に5万円の元金と利息でしたら、2回で終わります。
でも、元金が1万円でしたら、10回払う必要がありますよね。


これが元金50万円でしたらどうでしょう。
毎月1万円の元金返済だとしたら、利息は毎月およそ7000円ほどかかります。
元金に対して、利息が多いですよね・・・




利息が意外と多い、しかも支払う回数が多い、だから、リボ払いはなかなか減らないと言われるのです。




「払っているのに元金がなかなか減らない」と感じることは私も何度もありました。




それでも完済できたのは、楽天カードの支払いの規定を知ったからです。




それはあなたにもできます。
少し手間はかかりますが、これをすることで大きく金利を減らすことができるのです。




しかも、支払い回数を減らすこともできます。
だから、あなたもこの方法を使って、ぜひともリボ払い完済をたっせいしてくださいね!

リボ払いは繰り上げ返済が効果的

その金利を減らす方法ですが、繰上げ返済です。
楽天カードは毎月27日に引き落としがされます。



でも、その時以外でも、返済をすることができます。



私は繰り上げ返済をしたから、金利を減らすことができましたし、支払い回数を減らすことができました。
楽天カードの繰り上げ返済はどのようなメリットがあるか、次にお話します。



楽天カードの繰り上げ返済は良心的


楽天カードの繰り上げ返済のサイクルですが、実は、大きなポイントがあります。
それは、毎月27日~翌月10日までは、繰り上げ返済をした分すべてが元金に充てられるのです!




法律上、お金の返済は、手数料、利息、元金の順番に当てられることが定められています。




また、カード会社によっては、その日までに発生した利息から充てられるので、例えば、2万円支払っても、元金に当てられるのは18000円だけとかあります。




それが楽天カードに関しては、毎月27日~翌月10日までは支払った金額すべてが元金に当たります。
だから、この期間に繰り上げ返済をしたら、かなり元金を減らすことが容易なのです。




また、11日以降でも繰り上げ返済ができます。
楽天カードはその月の請求額を10日に作成します。



なので、10日までと11日以降では少しだけ話が変わるのですが・・・




11日~27日に支払った場合は、「先に当月の支払い分に充てられ、それ以上の分があれば、元金に当たる」のです。




例えば、27日に元金と利息を合わせて2万円の引き落としがあるとします。
13日に3万円を支払うとしたら、元金に3万円当たらずに、先に当月分の2万円に充てられ、1万円が元金に充当されるのです。



元金に全部当たるわけではないので、少しテンションが下がるかもしれませんが、この場合は当月分を支払うことになるので、27日は引き落としがかかりません。




先払いという形になるのです。
元金がまだ残っているからといって、1ヶ月に二度引き落としが掛かることはないのです。




これは楽天カードのオペレーターにすべて確認しました。




リボ払いは全然減らないとか言われますが、そんなことは全然ありません。




とにかく1000円でもいいから、元金を減らしていけば、リボ払いは完済できますし、利息も減ります。




そう考えると、リボ払いって怖くないし、厄介なものでも不可解なものでもないですね。

スポンサードリンク

この記事を読んだ方はコチラも読まれています

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする