facebookがsnapchatを買収したい切実な理由。

世界最大手SNSサービスを展開してるfacebook。

日本国内のユーザー数は2600万人。

さらに、日本で大人気のインスタグラムを10億ドルで2012年に買収。

当時のインスタグラムは社員13人、売上高0円。

その会社に巨額の買収劇。

しかも、シークレットで行われていたとか。

SNSはマーク・ザッカーバーグの手中にあると言えるのではないでしょうか。

今、facebookが狙っているとウワサされているのが、snapchat。

なぜ、facebookはsnapchatを狙っているのでしょうか?

スポンサードリンク

facebookがsnapchatを買収したい理由

1.ユーザー層の強化

snapchatのユーザーが圧倒的に若いからです。

25〜34歳のユーザーが最も多く、29.7%にも上ります。

一方、若い世代はfacebook離れが始まっていると言われています。

「私も友達もfacebookを使っていない。」

とあるアメリカ人高校生が言っていました。

そのユーザー数が少ない層にマッチするのが、snapchatというわけです。

スポンサードリンク

2.Messengerの発展

facebookはMessengerというアプリを連携しています。

主にメッセージを受けるために使われることが多いかと思います。

また、写真や動画を送ることもできます。

しかし、今のMessengerは画像を加工できません。

そこを埋めるのが、snapchatです。

snapchatは動画や画像を加工できるというレベルではありません。

ここまでできてしまいます↓

動画を自撮りしつつも、ウサギの耳や鼻を動画上に出現させて、あたかも付けているかのように見せることができるのです。

この楽しさが起爆剤となり、アメリカでは10代に圧倒的な支持を集めています。

この動画を見ると、snapchatをしてみようと思いますし、ただ単に動画を撮って送るだけなのは味気ないと感じました・・・

facebookはsnapchatを買収できるのか?

実は、過去に2013年10月に買収の話があったと言われています。

その時はsnapchatのトップである、スピーゲル氏が売却をしなかったようですが・・・

「snapchatは現在25億ドルの価値がある。」

Spiegell氏はこのように言っています。

この価値が適正なのかは別として、2017年に株式公開をするようですし、そうなるとsnapchatが売却される可能性はありそうです。

ただ、売却先がfacebookになるのかはわかりません。

インスタグラムの2倍以上の買収額を提示するのか?

facebookにsnapchatの機能が付いたら、若年層が食い付くのは間違いありません。

今後のfacebookの動向に注目です。

スポンサードリンク

この記事を読んだ方はコチラも読まれています

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする