就活の面接のマナーで内定を取るために押さえるポイントは?

大学生は3年生から、また、転職や再就職をするために、就職活動をしている人を見かけます。

私の家の近くではほぼ毎日のように、面接会場になっている建物があり、大学生がスーツを着て、緊張した面持ちで入っていくのを見かけます。

私も16年ほど前に就活をしていたので、その大変さがよくわかりますよ。。。

いくつ受けても、内定がもらえずに、こんな落ち込み方をしていたことも一度や二度ではありません。

ev185143024_tp_v

就活の一番の肝が面接であることは、誰も否定しないと思います。

面接官に如何に良い印象を持ってもらえるのか、就活を終えて、逆に人を雇う側から見る立場になった私から、面接時のマナーについてお伝えさせていただきます。

スポンサードリンク

身だしなみは最重要事項

人は外見で判断してしまいます。

心理学でメラビアンの法則と呼ばれるものがあります。

これは、人は何の要素で人を判断しているのかということです。

それによると、

55% が ‘Visual’ (視覚情報:見た目・表情・視線・しぐさ・ジェスチャー等)
● 38% が ‘Vocal’  (聴覚情報:声のトーン・速さ・大きさ・口調等)
●  7% が ‘Verbal’ (言語情報:言葉そのものの意味・話の内容等)

とされています。

視覚情報に当たる身だしなみがこの55%の中で大きなウェイトを占めることになりますので、手を抜くことはできません。

また、同じく心理学にハロー効果と呼ばれるものがあります。

ある対象を評価するときに、目立ちやすい特徴を脳裏に焼き付けられ、他のことはその印象に引きずられるということなのですが。

もし、身だしなみが良くなければ、視覚的情報から「この人は能力も高くない」という思い込みを面接官に与えてしまいます。

これくらい身だしなみにはこだわる必要があるのですね。

では、どうすべきかということですが。

高いスーツや高級バッグを買う必要はありません。

あなたの体系に合ったスーツを着て、髪を整えていたら問題ありません。

 me_biz20160902181915_tp_v

スーツは少しスリムな方がいいと思われます。

自分の体型で考えるよりも大きめで、やや緩く見えるサイズのスーツよりも好印象を持たれます。

更に、体型もスリムな方が良いです。

人の好みではなく、一緒に仕事をするという視点で考えた時、”肥満=自己管理ができない人”という思い込みを持っている面接官もいます。

自分の管理ができない人に仕事を任すことはできない、そう思われるかもしれません。

少しぽっちゃりしている程度であれば全然問題ありませんが、体脂肪率が30%を超える明らかな肥満であれば、ダイエットもしてください。

痩せるだけで内定率が一気に上がりますから。

なお、ダイエットに関しては、ワーキングダイエットはストレスなく早く痩せる最新メソッドをご覧ください。

ウォーキングもお勧めです!

身だしなみで一番大事なことは、清潔感です

フケがスーツに付いている、スーツやカッターシャツにシワがあるのはご法度です。

仕事は人と接することが不可欠です。

その時に、身だしなみに気を使うことができない人、客に不潔と思われる人はかなりのマイナスになりますよね。

更に、社会人は靴を重視されます。

靴が汚れていたり、ボロボロであれば、それだけで大きなマイナスです。

いつもピカピカに見せるため、靴墨で拭いておいてください。

スポンサードリンク

あいさつは明るい声で

身だしなみで人と差をつける必要はありません。

やるべきことをするだけでいいです。

身だしなみは誰もが整えることができることなので、そこで他の人よりマイナスの印象を与えなければ、それ以外のことで勝負できるのですから。

次に、誰もができることで大事なことは、「明るい声か?」「あいさつができるか?」です。

green20160902294716_tp_v

面接官は30代~50代の人が多いです。

20代の感覚を持っていない人も多々います。

この世代が求めることが「あいさつができるか」「明るい声か」などです。

暗い声の人と一緒に仕事したくない、あいさつもできない人とは一緒にいたくない、これは特に思われることです。

あいさつは意識することで、声は表情から変わります。

いつも明るい顔つきをしておくこともとても大事なので、普段から心がけましょう。

なお、過剰なあいさつは逆効果です。

「おじぎは体を90度に曲げて、○秒その姿勢でストップ」とか就活の面接攻略本に書かれていますが、それは面接官には「マニュアル通りの人」という印象しか与えません。

普段より少し深く頭を下げて、少し多めにおじぎの姿勢で止まるくらいでいいです。

面接官はその人が付け焼刃でマニュアルの面接の受け方をしているのかを見抜く力があります。

普段しないことをいきなりその場面だけでしても、意味がないのです。

かなりぎこちなさを感じてしまいますから。

もし、面接攻略本に書かれていることを実行するのであれば、普段からそのようにしてください。

おじぎは直角に体を曲げて、3秒止まるのであれば、面接以外の場面でもしてください。

女性がよく言われる、「おなか辺りに手を重ねて、背筋を伸ばして立つ」ポーズがあります。

snapcrab_noname_2016-11-12_14-26-17_no-00

これをするのであれば、いつもこの姿勢を保ってください。

自然とできる、無意識でそうなってしまう、それくらい体にしみこませたら、それが自然なあなたです。

この自然体が人より秀でていたら、面接官はあなたを人より高い評価をします。

その自然さは面接官は確実にわかります。

就活の面接といえども、普段どのように生活しているか、それが面接官に読み取られてしまいます。

内定をもらうため、日常生活のあなたのマナーについて考えてみてはいかがでしょうか?

この記事が役に立ったと思われたなら、クリックをお願いします

→人気ブログランキングへ

スポンサードリンク

この記事を読んだ方はコチラも読まれています

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする