株式投資の必勝法は?10年間負けなしのメソッドを大公開

個人投資家の株式投資がとても増えています。

理由はやはりネット証券参入による、手数料の大幅値下げといつでもできる手軽さからでしょう。

株をしている人が知りたいことは「必勝法」だと思います。

私も株式投資をしています。

以前は少し勝って、大きく負けてを繰り返していました。

その度にトレード方法を変えてきました。

その結果、とある方からある方法を教えていただいてからは、10年間負けなしです。

相場が下がろうと上がろうと関係なく勝ち続けています。

私の中ではこれが必勝法だと確立しています。

株の損を少しでも取り戻したい、少しでいいから収入を増やしたいと思うなら、この方法を参考にしてみてください。

スポンサードリンク

投資する株の銘柄の基準

全部で4つあります。

この基準を満たす銘柄だけを買い、上がったところで売ります。

売買

相場に呑まれて、一時的に下がることもありますが、ほぼ確実に戻ります。

逆に下がった時は買いだと思ってください。

それくらい私はこの方法を信用しています。

1.東証一部上場企業であること

東証一部に上場するには、かなり高いハードルをクリアしなければなりません。

マザーズや東証二部などと比べると、基準が全く違います。

それだけ信用できる会社というわけですね。

スポンサードリンク

2.PBRが1倍以下であること

一株純資産よりも高い銘柄は割高と考えます。

割高であれば、いつか正常な水準に戻ると思った方がいいでしょう。

つまり、下がる可能性があるということ。

逆に割安であれば、上がるポテンシャルを秘めているということになります。

ポテンシャル

3.BPSが1500円以上

BPSとは一株純資産のことです。

資産

例えば、Aという会社のすべての資産が1億円、発行株式数は100万株だとします。

計算方法はすべての資産を発行株式数で割ります。

この場合ですと100円になります。

ちなみに、今の株価をこのBPSで割ると、PBRが算出できます。

総資産の以上の価値があると市場で判断されているということは、軽いバブル景気が来ていると解釈できます。

バブルは続かない、これは歴史が証明しています。

一株当たりの純資産が高いということは、それだけ財務体質が良いと判断できます。

その”良い”という基準が1500円なのです。

4.自己資本比率が80%以上

他社の力を借りずに、自力で経営できているということにあります。

自己資本比率が低いと、他力本願の経営になっていると思ってください。

もし、投資家が資金をその会社から引き上げたとき、自己資本比率が低いと破産に直結する恐れがあります。

そう考えると、自己資本比率は高い方が良いですよね。

以上が私が株式投資をする時のポイントです。

  • 財務体質が健全
  • 定価無視で安く売られている

まとめるとこの二点です。

あなたの株式投資の糧になれたら幸いです。

このブログが役に立ったら、クリックをお願いします。

スポンサードリンク

この記事を読んだ方はコチラも読まれています

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする