dubliは被害がない!?詐欺ではない!?新情報を入手!

このブログでdubliについて書かせていただいています。

現在、情報があまりにも不足しているので、海外サイトやdubliの公式HPから、わかる範囲でお伝えさせていただきました。

今回、このブログに11月12日のマイケルハンセンCEO来日イベントに参加した代理店の方からコメントをいただきましたので、ご紹介させていただきます。

結論から言いますと、

dubliは正式に日本で動き出すようです。

11月12日のイベントで、正式に参加する日本企業の発表があったようです。

さらに、その方からありがたいことに、当日の資料や写真などを送るというお申し出もいただきました。

ご好意は非常にありがたいのですが、私が11月12日、その場にいた訳ではありませんし、私が発信すると、二次情報になります。

情報は川上から掴むのが良いので、やはり、一次情報源となるその方に情報発信をお願いしました。

今はどれをどこまで言っていいのか、私はそういうこともわからないので、また、私からの情報ですとバイアスが掛かる恐れがあるので、正しい情報が歪む可能性があります。

詳しくは、Dubliは詐欺?日本企業参加の前に知りたい不都合な真実をご覧ください。

詳しい情報をお持ちの方にお願いです、dubliの現状、日本企業が本格的に参加する具体的な日などを情報発信していただけませんか?

そして、dubliを待っている人、疑っている人、迷っている人に真実をお伝えいただけませんでしょうか?

スポンサードリンク

スポンサードリンク

dubliに被害はないというが・・・

dubliはキャッシュバックを受けることができるサイトです。

ユーザーがdubliを通して、ショッピングをすると、決められたパーセンテージの現金が戻ってきます。

だから、無料会員であれば、被害はないという論理です。

これは、dubliに限らず、すべてのポイントサイトに言える事なのですが、“キャッシュバックが受けることができたら”という前提であれば、被害はないです。

この前提が崩れたら、被害は出てきます。

キャッシュバックサイトはたくさんあります。

AよりもBを通してネットショッピングをした方が還元率が高い、だから、Bから買う、これは消費者として当然の考えです。

でも、もし、Bがキャッシュバックを払えないとしたら、Aで買うと得られるはずだったポイントが手に入りません。

金額の大小の問題ではなく、これは被害と言えるのではないでしょうか?

dubliを運営しているomintoはアメリカで上場していますし、とある格付調査会社の報告によると、財務体質は非常に良いとのことです。

これは参加しようと考えている方には安心材料となるかと思います。

だからこそ、アメリカでのdubliのキャッシュバック不払いで揉めている人の書き込みとの整合性が取れません。

もう一つ懸念材料がありまして、それをdubliは嘘ツキ!?報酬が貰えなくなるかもしれない?で書かせていただきました。

可能性があるとかないとかではなく、こういうことも想定されているということを知っていただきたいのです。

何が本当で何がウソなのか、結局はその人が得られるべきキャッシュバックを受けられるかどうかの一点だけなのかもしれませんね。

Q、このブログは現在何位でしょう?答えは人気ブログランキングへ

スポンサードリンク

この記事を読んだ方はコチラも読まれています

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする